<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

美女のパワスポ

d0339703_15172737.jpg
d0339703_15170798.jpg

最近、協会のサイト(http://wflowerlife.com)もできたので、外でランチをできる余裕も生まれてきて美女たちと連続ランチをしている。

いつ会っても、すごく久しぶりでも、時が止まっているんじゃないかって思うくらい、全然変わらず、みんなキレイ。


私は美女に縁がある。。。

今日、ある打合せの帰りに、

「どーして、平舘さんの周りには、美女が集まるんですか?」って聞かれた。

なんででしょう?(笑)これ、昔からよく聞かれる質問なんです。


よくよく考えれば、私は、つねに女性に囲まれている。


何をやっていても、周りには、女性が集まっていて、いつの間にやら、巨大化していったりする。


花屋さんの社長をやっていたときもそうだったし、はるか昔、雑誌の編集者だった頃も、読者モデルに囲まれていた。


華やかな企画を連発していた社長時代は当たり前だけど、何も手にしていないときも、そして不幸のどん底かも、って思うときも、いつでも美女たちが私の周りにいてくれて、キラキラした笑顔で励ましてくれて、そして、私に元気とパワーをくれていた。


普通は、優しい男性に励ましてもらおうよっていうようなときも、私の場合、駆けつけてくれるのは、決まって女性(笑)

「美木さん、しっかり!!!!!」って、様々な対策を考えてくれる。


私の周りの美女たちは、ただ美しいだけはなくて、賢く、しっかりしてて男前な性格だ。

そしてユーモアもある。


私にとって、美女は、元気と次のステージを目指すめのパワーとヒントをいつもくれる、まるで、パワスポのようなものかもしれない。


あーあ、どうしようかな?って思うようなことがあっても、会うと前向きパワーをもらえるから。

たぶん、彼女たちは、決して後ろ向きな発言はしないからだと思う。

だから会いに行きたくなるのだ。

そして、私もそういう人でありたいといつも思っている。


私は、できない、むずかしい、無理だ、という人が苦手だ。

できないのは、悪いことじゃない。

私が言いたいのは、別に素晴らしいアイデアがでなくても、考えることが大事だということ。

そういう発言をすぐにする人は考えることを放棄しているから。

自分で考えず、誰かに何かを考えてもらおうという受け身の姿勢がなんかパワーを奪われる気がする。

さらに言えば、そう発言することで、空気がどんよりするから。

私はとくに、その発言にパワーを奪われてしまう体質なのかもしれない。


彼女たちは、常に前向きな発言をし、さらに、美木さん、こんなのがあるよ、と必ず色々なヒントをくれる。

こんな風にやってみるのは?とそのアイデアが採用されるかどうかは別として、言える人には、様々な人が会いたいと思うであろう。

そして、知らず知らずのうちに人脈が広がるのだと思う。

人脈は自分から作りにいくものじゃない。

人が寄ってくるようにするのが、人脈形成のポイントだ。


なんて、彼女たちを見ていて、ちょっと思ったことを書いてみた。


私に、美女のパワスポがある限り、きっとどこまでも頑張れるんだと思う。


協会のサイトもできたばかりですが、来年に向けて、またコンテンツ企画を準備している。それで手いっぱいのはずなのに、さらに、今日閃いた企画があった。

たいぶ、面白い。。。捨てがたい。。。

これ、やりたい。。。。。


やるか、つくろーーーーーーーと!こちらには、花と緑の啓蒙を行う、美女たちのインタビューも掲載中。
★世界フラワーライフ振興協会のサイトはこちら!美女登場中! http://wflowerlife.com


心境の変化?来年の手帳

d0339703_16290280.jpg
来年の手帳を買いました。

来年のは、左のブルーの表示に、ゴールドで2016と入っている。

ここ何年も、私のテーマカラーのピンクでししたが、なーんか、来年は、ブルーにしようかなという気分。

さすがに、10年くらいずっとピンクの連続で飽きたのかしら?

私の中の何かが変化しているのかもしれないです。

根本から好きなものは変わらないけど、色々飽きてきたのかも(笑)

趣味嗜好が変わってくるのかもね。

色々なものを見たり聞いたり触れたりしていると、新しい価値観が生まれてきて、今までずっとこれしかない!!これがべストって思っていたような事柄が、ホントに~??って思うようになったり。

どうやら、変化の時のようです。

こういうときは、流れに任せてみようと思います。



私、手帳は、絶対に選ぶときの法則があります。

ざっくりした枠しかない手帳では、うまくスケジューリングできないので、中身は、こだわります。

今回買った手帳は、その私の要望にあった完璧な中身です。

d0339703_16294939.jpg

年間スケジュール。これは、あんまり使わない。っていうか、何本も同時にすすめているプロジェクトがあると、これじゃあ書く欄が足りないので。

d0339703_16293419.jpg


月間スケジュールが、月の一番最初にきているのがポイント。

もちろん、これだけじゃ書ききれないので、これはあくまで、1カ月の大まかなスケジュール把握するためだけに使用します。

d0339703_16292214.jpg

私が、絶対に手帳を買う条件ではずせないのは、このウィークリー見開きで、だいたい6時~22時くらいまでのスケジュールが30分単位で書きこめ、1週間が見開きで見れるバーチカルタイプ。

もう、絶対にこれ。

これじゃなくちゃ、アポを入れるときに、自分の空き時間がわからなきなってくるので。

このタイプの手帳は、編集者のころからだから、だいぶ長く使っている。


ですが、今年は、事業構築、テキスト制作、サイト制作で1年終わっているので、人と会っている時間もなく、ほぼ、創業メンバーとの打ち合わせと、原稿制作で終わってしまったので、手帳に書き込む必要もあまりなく、っていうか、書いてる暇もなく、なんかデスクの前のカレンダーとポストイットでスケジュール管理していた感じでした。

2015年の手帳をだけを見ると、いまだかつてないくらいの、なんかつまんなそーな1年(笑)

もう、予定など、立てる暇もなく、やらなくちゃならない業務を急ぐ順からこなしていった感じです。

d0339703_16291163.jpg

来年の手帳には、各月の最初に、今月のテーマとか、記録しておきべくことを書き込むページがある。

来年は、月初にこれ書きこむだけ余裕があるといいけど。


さっきの年間スケジュールの見開きページ見てて思ったけど、本当に1年なんて短いね。

これだけしかないの?って感じ。

日々のルーティンな仕事や雑務をこなすことを、立ち止まることなく、疑うことなく、やり続ける人生を送ると、気づいたら、もうやり直しのきかない年齢になっていたりするんだど思う。

そして、大切な何かは、もう手にできなくなっているのかも。


すでに、私も人生後半ですが、でも、まだ、老人じゃあないので、夢の一つや二つくらいチャレンジできるだけの時間も体力もある。

チャレンジしなくちゃいけないと思っている、できるうちはね。

チャレンジできるよう、体力をつけるための努力、例えば、ジムに行くなどは必要だと思う。

あー、疲れたなって思うときも、ちょっと眠いなってときも、私は、いやいや、このままダラダラしていくと、自分のためにダメーーーーと思い、最近は、少し頑張ってジムに行くようにしている。


また、好奇心は失ってはいけないと思っている。

好奇心を失うと、人は、成長が止まるし、魅力がなくなっていく、輝きがないっていうか、目が死んでいるっていうか。。。

ある意味、これが老化を加速させるんじゃないかと思う。

いくつになっても素敵な人って、好奇心旺盛な人が多い。

過去経験してきた古い感覚(フィルター)を通しての発言ばかりしている人は、魅力ないものね。


自分は、いつも、未完成だと思えるかどうかだよね。

生きている間は、ずーっと発展途上。

私は、そう思いながら、ちょっとずつ色々なことを、昨日よりも、今日、今日よりも明日って成長したいと思っている。

私なんて、この年になってもできないことだらけだし、いつかやってみたいって言いながら放置しているものだらけ。

ほんとダメ人間なんですよ、だから、たまに、ダメな自分と向き合う時間を作っています。


人生のチャレンジできる時間と体力、これを失ったころになって、やりたいことをやってみようとか思っても、遅い。

あー、自分の人生は、やらなければいけないことに流されて、やりたいことなど何ひとつやってこなかったとか、自分と向き合うことなく生きてきてしまった、って思うのって、ものすごく辛いと思う。

例え、お金を手にしてたとしても。


お金や肩書きを抜きで、自分の周りにどれだけ人がいるか?

私は、会社員を辞めてフリーランスになったときに、これを考えた。

20代だったので、早いうちに、こういうことに気づいてよかったと思う。

お金と肩書と地位、これが無になっても、自分の周りに今いる人がいるかどうか?

いると思える人は、本当に大切な人。

自分を思ってくれる人。

それ以外は、実は、いくら一緒にいるとその時は楽しいと思っても、自分にとっては代えがきく、必要のない人。

その必要ない人と、本当に大事な人を、ちゃんとわかっていないと、いつか悲しいことになると思う。

それもね、うーんと年取ってから。

その時に後悔しても、もう遅い。

私は、本当に大事な人を大切にできるように、どんな時も、浮かれないで、冷静に判断している。

だから、とくに、ずっと前に知り合った、今も付き合いのある人は、大事。

この年になると、お互い、地位とか肩書きとかついてたりするけど、それ以前からの仲は、いつか年を取って、またもとに戻って地位とか肩書きがなくなっても、きっと変わらないから。


毎年新しい手帳を買うと、こんなことを思ったりする。

でもね、いつも、途中で忙しさに流され、大切なものを見失いそうになる。

そうならなうようにしなくちゃ。


変化をしながらも、成長をしながらも、大事なものは、ちゃんと守れる自分でいよう。


★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~


私が代表理事をしています、WFLのサイトは以下です!

先日、好評だった、スペシャリストビジネスカレッジなどや交流会など色々やりますので、興味のある方は、ぜひ、サイトをご覧ください!
056.gif WFL http://wflowerlife.com


ご無沙汰しています、ついにできました!!

皆様、こちらのブログ大分ご無沙汰しております。
この2か月間ほど、まあああああ、ドタバタでしたわ。
気づけば、年末!!
エキサイト公式ブログにお引越ししてからの初めての投稿になってしまいました。
私ってば、過去様々なサイトを運営してきたにも関わらず、実は、新しい機能とか覚えるの苦手。
今日、エキサイトさんに伺った際に投稿のやり方を教えてもらってきました。
すんごく、簡単!しかも携帯からの投稿も前に比べて、楽チンですわ。
これから、どんどん投稿します。

さて、私、私のアイデアだけで起業する体験は、今の(株)キラキラリーグで2社目。
でですね、このたび、株式会社じゃない、一般社団法人をさらに起業したので、これで3社目ですね、立ち上げの体験は。
もう慣れたわ、会社起こすの、っていいたいけど、正直、今回の協会立ち上げはですね、かなり大変でした。
それは、テキスト制作に1年半かけたのもあるし、通常のお花の先生を認定する協会ではない、幅広い方々に対して、資格認定をするものを作り上げたかったので、もう構想にだいぶ時間がかかってしまいました。

この世界フラワーライフ振興協会では、花と緑のある生活を提案できる人を育てる「フラワーライフマイスター®」という資格認定を行っています。

フラワーライフマイスター®は、様々な資格と相乗効果をうむ資格です。
例えば、イラストレーターや写真家、デザイナーなどのクリエイターや、おうちサロンを主催する料理家、テーブルコーディネーター、マナー講師の方、空間をデザインしたりするデザイナーやインテリアコーディネーター、観光やおもてなしに関わる方、教育や癒しなどの関わる方、他にも、カラーコーディネーター、秘書、受付、さらには、お子さんに花と緑に関して教えて上げたいママなど、もう、幅広いです。

また、このテキストには、日本47都道府県、世界40ヶ国の大使館や政府観光局が制作に協力くださっています。今後、文化交流や地方創生なども、協会メンバーと関わって行こうと思っています。すでに、取得した方のインタビューもありますので、まずは、せひ、サイトをご覧ください。
あと、認定校は、花講師となりますので、もちろんお花の先生もぜひ!
ただいま、全国に花の資格を持つ認定校を募集しています。
認定校になるには、どこの協会に所属していてもよく(当協会では、花の資格認定は行っていません)、フラワーアレンジメント、いけばな、プリザーブドフラワー、シルクフラワー(アーティフィシャルフラワー)の資格があれば認定校の対象となります。
他には、ない資格なので、新しい資格を追加したい、花の先生にもおすすめですよ。
詳しくは、協会サイトをご覧ください!

世界フラワーライフ振興協会サイト http://wflowerlife.com/
d0339703_16090120.png