<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

15年間これ一筋

みなさん、今年も、もうすぐ終わりですね。
先日、銀座に行ったときに、来年の手帳を買いました
d0339703_14592465.jpg


買ったのは、クオバディス

サイズは、正方形に近いものです。

手前は、現在使っている、FREE’S SHOPのオリジナルの物。
来年用は、シンプルにPLAZAで買ったゴールドの表紙。


実は、もうクオバディスを使いだしてから、もう15年くらいになります。

色々なカバーがあるのですが、もう15年も使っていると、全部制覇していて、違うものを探すのも困難に。

d0339703_14592454.jpg


何がいいって、8時から22時まで、スケジュールが時系列で書き込めて、さらに1週間が見れる。

これって、アポイントのたくさんある人には、かなりオススメです。

ばっと、開いて、スケジュールをうめていく。

私は、編集者時代にコレに変えてから、もうずっとコレです。

その前は、ブランド物の手帳を使ってたけど、アポイントが多い人には向かないのかも。

編集者やスタイリスト、プレスなどは、みーんなコレを使ってます

サイズは正方形のものが持ち歩きやすいし、書き込みやすいサイズですよ。

忙しい人に、オススメです

気の置けない友達

仲良しの俊子さんと、中目黒で飲み!
すっごい、ザ・居酒屋!って感じの店に行きました。

ですが、スタイリストさんとか業界人とかが通う店だそう。
周りを見れば、オシャレ人間がたくさんいた。

d0339703_14592451.jpg


この写真を撮影しているのは、俊子さんの旦那様!
本当は、もう一人、私と俊子さんを、その昔「二人は気が合うから!」と引き合わせてくれた代理店の友達が来る予定でししたが仕事でこれませんでした。

夫婦と私の3人での飲みになりましたが、よくみんなで飲むので、俊子さんの旦那様も今では、お友達です。

俊子さんは、元アパレルプレスで今はPRの仕事をしていて、旦那様は、インテリアデザイナーのオシャレ夫婦です。

みんな同年代なので、遊び方も話も合うので、私の友達も紹介したりと、どんどんアラフォー仲間の輪が広がっています。

色々な夫婦がいるけど、俊子さん夫妻は、本当に理想的。
なんか一緒に飲んでいると、実家に帰ったような、気楽な気持ちになる。

お互い、バーっと忙し日々をひと段落すると、報告かねて集まります。

夫婦って似るもんだよね。

奥さんと気があうと、旦那さまとも気が合う。

なので、だんだん家族ぐるみの付き合いになっていく。
こういう付き合い方って40代ならでは。

次回は、来月の忘年会に他の友達も呼んで大忘年会です。

楽しみだー。

広告代理店のアネゴとランチ

私の携帯がなった。

出てみると、某広告代理店のアネゴであった。

「どうしているの?元気にしてる?バラの会社はじめたらしいじゃない!」どうやら、うわさできいたらしい。

「会社の近くに美味しいビストロがあるから、ランチしよーよ」

とのお誘いに行って来ました。

d0339703_14592401.jpg


あまりに話しに夢中になり、すっかりお店の名前チェックしてくるの忘れてしまった。
TBSの前の通りを乃木坂方向に少し歩いたビルの2Fでした。そんな説明じゃわかるわけないか?

ちなみに、頼んだランチはお肉がトロトロで美味しかったですよ。

日差しが差し込む窓側の席を陣取り、話すこと1時間半。

まあ、久しぶりで面白かったです。

このアネゴは私の憧れ!
何がすごいって、仕事が超できる!!こんなに頭のいい人は、オトコでもあまりいない。
そして、懐が深く、カッコいい。←頼りになる!
さらに、ちょっと可愛いとこもある。



私は、女子も男子も、全体的に年下に囲まれていることが多いので、いつも姉さんをやっている。

なので、私が、アネゴと慕う人はとても少ない。
もう、貴重です。

このランチで初めて発覚したのは、彼女はフラワーアレンジメント暦16年!ということ。
全然知らなかった。

仕事は超ハードなのに、趣味も充実しているのはすごいな~と感心した。

このギャップが人間的な魅力をかもし出しているんだと思う。

見た目、フラワーアレンジメントやってそうだなー、でやってます、っていうのは当たり前で、それ以上の興味がその人にわかない。

アラフォーにもなったら、意外な一面も持っている女でいたいと思う。そういうのってかっこいいもん。

この日、彼女はとてもラフでカジュアルな格好。とても某大手広告代理店の社員には見えない。

デザイン会社勤務って感じ?

でも、新たにもらった名刺の肩書きには 部長 と書いてあった。

全然部長には見えないわ~、と思わず口をついた感想に、彼女は

「そうなのよー、●●さんの席どこですか?とか聞かれちゃったりするのよー」

「それって、派遣かバイト?って思われてるってことですよね?」

「たぶん…(笑)」

久しぶりに話が盛り上がったあと、別れ際にした約束は、

近いうちに、カラオケでピンクレディーやろうね!でした(笑)

12月8日講演決定!

以前マーケティング会社を経営していたときには、年に何回かは行っていた講演。

今回、、ローズマジック社長に就任してから初の講演が決定しましたので、お知らせします。

お声掛けいただいたのは、毎月著名な女性社長などが講演をしている「青山ウーマンズカフェ」。
12月8日(水)に私が講演をすることになりました

サブタイトルにもありますが、私は、実力以上の人生を歩んでいると常日頃思っていますが、これって、コツがあるんですよ!
今回の講演には、超具体的に、天職の見つけ方や、自分(又は会社)ブランディングの作り方、マスコミなどの難しい面接や試験の突破方法などを、実際私が行ったエピソードを交えて具体的にお教えしたいと思います。
起業家の講演て、モチベーションは上がるけど、自分に活かせなかった、とか言う人いませんか?

今回は、きっと何か役に立つことを入れていきますので、ぜひ、いらしてくださいね!

下記、詳細です

※短大卒、貯金なし、見た目普通のOLが、未経験でマスコミ転職を叶え
 2度の起業を実現した、実力以上の人生を歩むコツを伝授します!

【テーマ】「夢を叶える魔法の杖の見つけ方、使い方」

【講師】 平舘美木(ひらだて みき)
      ローズマジック株式会社代表取締役(元ヒメクラブ社長)

【日時】 2010年12月8日(水)
【時間】 19:30~21:15 
【場所】 『きゅりあん』5F(大井町)第4講習室
     http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/ 【費用】 3,000円
     ※当日13時までにご連絡無く、キャンセルされた際は
      申訳有りませんが、費用が全額発生してしまいます。
      予めご了承下さい。
【お申込み】info@career-design.net

(件名に「青山ウーマンズ・カフェ」と入れてEメールにてお申込みください)
       http://www.career-design.net/
(1)氏名 (2)所属(会社名) (3)連絡先(携帯番号)(4)紹介者 (5)BLOG等
※前回ご参加頂いた方は、今回500円引きとなります!
(2回続けてご参加の場合)

「私のブログを見た!」と言って申し込むと、500円引きになるそうです


女子だけで盛り上がりましょう!
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

アラフォー女子(社長)同士の焼肉&鍋

最近、アラフォー友達で仲良しの直美ちゃん(社長)とよく食事をともにする。

彼女は、社長仲間であり、同じ年で、さらに性格なども似ているようだった。

「ねえ、アラフォーになるとさ、太りやすくなるよね~、最近私ちょっと太ったみたいだから、夕食は、ヘルシーでいきたいわ」
「じゃあ、辛い鍋なんかどう?」

ということで、先々週はこれを食べた!「辛味噌のモツ鍋」

d0339703_14592505.jpg


お店の人が、モツ鍋を運んで、コンロに火をつけた。
すると、直美ちゃんが、

「ねえ、美木ちゃんて、鍋奉行?」

「ううん、いつも誰かがやってくれてた」

「直美ちゃんは、鍋奉行?」

「ううん、私も、いつも誰かがやってくれてた」


じゃー、どーすんのよー、今日は!?
おもむろに、私たちは、携帯を取り出し
、「じゃあ、誰か鍋奉行呼ぶ?」

って、そんなことで人を呼べたのは、バブル時代まで(本当か!?)。。。(笑)

そんな私たちを見かねて、店員のお兄さんが、鍋奉行をやってくれて、お皿によそってくれた。

「よかったねー、携帯で鍋奉行を呼ばなくても、お店の人がやってくれたね!」

もうバブル時代の女子でもなく、二人で食事しているときは、かいがいしく世話を焼いてくれるスタッフもいない。

社長業をしながらも、アラフォーでありながら女子扱いをしてくれる心の広い男性と食事をすることに慣れている私たちは、似たもの同士二人での食事になると、双方でお互いのケアをしなければならない。

日々、人として成長だ!!(笑)

そんなモツ鍋の出来事から1週間も間をあけず、直美ちゃんから携帯にお誘いメール。

「美木ちゃん、焼肉屋さんの招待券持ってるの~、数万円分!食べまくらない?」
との御誘いに、
「行く~!」とダイエットもすっかり忘れ、お店にダッシュ。

予約を入れておいた焼肉屋さんの奥まったVIP席につくなり、ガールズトーク炸裂。

気づけば、何もオーダーしていなかった。。

「ねえ、、みきちゃん、オーダー奉行?」

「ううん、違う。直美ちゃんは、オーダー奉行?」

「ううん、違う」

「ねえ、奥まったVIP席にしなければ良かったね~、誰もこの状況気づいてくれないし!」
「ほんと、ほんと!」

二人は、助け合ってメニューを見ながらオーダー。

d0339703_14592518.jpg


なんか、すごい立派なお肉がきちゃったね~

どれくらいの大きさかというと。。。
d0339703_14592556.jpg


顔より、うんと大きいサイズ

オーダー、慣れてないんだよね~、私たち(笑)

他にも、色々オーダーして、自分で肉を焼き(←当たり前だけど。。)閉店間際までVIP席を独占!

直美ちゃんと私は、日々成長中です。。

強力助っ人登場!「Wミキ」でバラ情報発信します!

私は、バラの会社の社長をしていますが、ここだけの話
まだまだ、知識が全然追いついていきません。もっと情報収集せねば、、、花業界を活性化したい!という、なんだかものすごい大きな目標を掲げた私は、今のままじゃ全然ダメだーと思っていた
どうしたらいいのかしら?
そこでふっとある考えが浮かびました

日本で1番花の情報を持っていて、ナンバーワンの会社に教えてください!とお願いしてみたらいいんんじゃないかしら?と考えました。

相変わらず、向こう見ずな私、、、でも、今までの人生もそうやって生きてきた。
そして、だいたいそいういう熱い思いは、受け入れられてきた。
物怖じせず行かなくちゃ!
目指すなら最初から一流な人たちと一番でしょ?
そこで、私が訪ねたのは、花関連のお仕事をしている人なら誰もが知っている、あの会社!
株式会社大田花き
ジャスダックに上場もしている花市場です。
花市場としては、日本で1位、世界で2位という、それはそれは大会社ですよ!

まだお花事業を初めて3ヶ月足らず、そんな私を相手にしてくれるのか、わかりませんが、熱い思いを胸に、行ってきました。

えらい人も私に会ってくださいました

何人かの方にお会いして、私が今後やっていきたいことなどをお話させていただき、その中のひとつとして、大田市場に入荷されるたくさんのバラの種類をこのブログを通して情報発信し私はもちろん、ブログ読者の方々とみんなで理解を深めたい、ということに賛同してもらいました。

これから市場のバラ情報を送ってくださる方をご紹介します!
d0339703_14592588.jpg

大田花きの中川美紀さんです!笑顔がとっても癒し系の彼女は、お花のお仕事がとてもお似合いです
私も名前が、美木(ミキ)なので、これからは、チームWミキでバラ情報を不定期でブログにUPしていきますので、お楽しみに

この日、私は、大田花きの方々のご案内で、市場をひとり社会科見学させてもらいました。
なかなか見る機会はないと思いますので、皆さんにもご紹介しますね。

d0339703_14592548.jpg


この劇場みたいな場所は、競りが行われるところ。正面に電子掲示板のようなものがあり、金額が徐々に低くなっていくのを見ながら、競り落とすんだって。

d0339703_14592516.jpg


競り落とす花屋さんは席について、このボタンで競り落とします。

d0339703_14592510.jpg


競り落とされたお花は、各花業者さん別にベルトコンベアーのようなものから流れてきます。
みなさんそれをカートのような物に乗せて車まで運ぶらしいです。
ちなみに、競りに参加できるのは、かなり大きな花業者さんだけ。
普通の街の花屋さんや、お花の先生などは競りには参加できません。

d0339703_14592594.jpg


普通の街のお花屋さんなど仕入れの数がそれほど多くない場合は、市場の中にある(写真向かって右下)中卸で、仕入れます。
私が市場に行ったのは、お昼過ぎだったのでお店はしまっていましたが、朝5時くらいから10時くらいまで花が売られているみたいです。ちなみに、早起きしていっても、お花業界の方でないと買えませんので、ご注意くださいね!

市場にお花は無かったのですが、大田花きの展示ブースのショーケース
コーナーを見せてもらいました。

d0339703_14592543.jpg

ショーケースには、こんなに素敵なバラがいっぱい。
ガラス戸を開けた瞬間、なんともいえないバラのいい香りが漂ってきました。

その中で、私が気に入ったバラをご紹介します。
d0339703_14592589.jpg

幾重にも重なるボリューム感のある花びらは、中心部分がほんのりピンクがかっていてクリーム色、外側はうっすらグリーンに。名前は「フルーティー+」オシャレなアレンジができそうです。
d0339703_14592608.jpg

こちらは、華やかなイエローのバラ。名前は「シエル+」。中心部分に花びらがぎっしり重なりあっています。あまりお花屋さんでは見かけませんね。1輪でもとてもゴージャスな雰囲気でしたよ。

d0339703_14592698.jpg


あー楽しかった
市場の外に出たら、こんな夕暮れ。
空には、飛行機が飛び立っていきました。
ここは、羽田空港の近くです。
今度は、早起きして、市場を体験したいです。

ダンスラティスって知ってます?

私は、過去、加圧トレーニングもやってたし、ジムにも行っていた。

けど、社長をやっていると、どうしても急な予定や打ち合わせなどが入ったりして、じゃあジムとか今週はパスしちゃおーっと
と一回パスがそのうち何度もになり、やがて、行かなくなる。。
そうは言っても、日々老化してくる体。。。なんとかしなくちゃでしょ?

アラサーまでは、見た目を美しくしたいがための運動も、アラフォー女になると体力が衰え、疲れやすくなるのが困るからに変わっていく。やだー、このままおばあちゃんになっちゃったら!!(まだ 数十年あるけど。。)

継続は力なり  なんて言葉、知ってる。
でも、継続できないのよ~、知ってるけど。
継続しなくちゃ体のラインは変わらないし、体力もつかない。
ならば、継続するのはどうしたらいいのか考えてみた。

それは、思い立ったときにできること。しかも、楽しく ←これ重要なポイント
さらに、気が散らない、一心不乱に!!(笑)

雑誌や本を見ながらだと、途中でよく見るために中断したりと、なんか面倒になってしまう。
そのうち、他の記事を読みふけってしまったり、気が散ってしまうのだ。

最近思ったのは、すぐに覚えられるほど簡単であるか、 又は DVD を見ながらが一番いいことに気づいた。

なんかなーい?一心不乱にできて、楽しいエクササイズDVDは?

と周囲に触れ回った私に、友人からこれがプレゼントで届きました

ドリー・ケラペス ダンスラティス
この写真の人、ドリー・ケラペスさんは、マドンナやヒラリー・クリントンのパーソナルトレーナーも努めてるんだって!

d0339703_14592656.jpg


ダンスラティスとは
ピラティス と ダンス を組み合わせた有酸素運動。
ダンスしながらコアトレーニングができるらしい。

早速、やってみた。

ハマる!!
けっこう楽しい!

3段階になっている。

「美しく健康なボディ」

「セクシーでスリムなボディ」

「ゴージャスで魅力的なボディ」


最後のステップの説明書に書いてあった文章は。。。
「セクシーにゴージャスが加われば、あなたのまわりにライバルはいなくなるかも。」

本当に???
じゃあ、続けてみよーっと、でも私のライバルは、花屋だけど(笑)

ダーズンローズでプロポーズ成功

お客様(ちなみに弊社の役員の友人ですが)から、うれしいご連絡がありました!!
なんと、弊社のダーズンローズブーケでプロポーズしたら、彼女にOKをもらえたとのこと

まさに、バラの魔法”ローズマジック”がきいたようです

ローズマジック
の通販で扱っている商品にダーズンローズブーケ というのがある。

ダーズンローズって皆さんご存知ですか?
欧米では、12本のバラをパートナーに贈ると幸せになれるという習慣があるのですよ。

12本のバラには12個の意味がこめられています。

感謝 誠実 幸福 信頼 希望 愛情

情熱 真実 尊敬 栄光 努力 永遠



d0339703_14592638.jpg


弊社で扱っているダーズンローズブーケは、
11本の赤いバラと、お好きなメッセージが印字できる白いメッセージローズがブーケになっています。

このメッセージは、ひらがな、カタカナ、漢字、英字で15文字以内ならプリントできます。

MerryChristmas!

HappyNewYear !

お誕生日おめでとう!

HAPPY BIRTHDAY

I LOVE YOU


などや相手の方のお名前や、データがあれば会社やブランドロゴ(ご相談ください!)なども印字できます。

ちなみに、プロポーズで印字した言葉は

Will You Marry Me?

いいな~、おめでとうございます!
末永くお幸せに

ところで、12月12日は、日本でも ダーズンローズの日 と認定されています。

皆さんも、ダーズンローズの日に、大好きな人に告白とかどうですか?

ダーズンローズは、ローズマジックサイトのこちらからご購入いただけます

王子がイケメンに!

週末は、王子のアレルギー検査に行ったり、トリミングサロンに行ったり大忙しだった。
アレルギー体質のワンちゃんて、けっこう多いみたい。
なので、最近では、薬用シャンプーを使ったり、薬を飲ませたり、色々試みている。
なので、なかなか毛が生えそろわず、トリミングサロンは久しぶり。
d0339703_14592685.jpg


「ママ~、今日はどこに行くでしゅか??」
「吉祥寺にあるトリミングサロンよ~、ラスベガスのドッグショーで優勝したという腕の持ち主がいいるのよ~」

d0339703_14592623.jpg


王子のカットをお願いしたトリミングサロン、LaLa Dogs吉祥寺店には、ラスベガスで行われたグルーミング世界大会で3年連続入賞、2年連続クラス1位というトリマーの今井さんがいる。

「すいません~、王子のお迎えにきました~!」すると、、、、

d0339703_14592657.jpg

きゃ~、我が息子ながら、きゃわいい!!!

ちょっと、うちの子、もしかしてイケメン(笑)?
d0339703_14592715.jpg


今井さん、ありがとー
またきますね~

思えばおかしな、バブル時代の記憶

先日、広告代理店で打ち合わせをした後、目の端に飛び込んできた光のオブジェ

d0339703_14592732.jpg


よーく見ると、クリスマスツリーだった。バラ業界の人は、もう気持ちは来シーズンの5月に向かっている。なので、あまり気にも止めず、バタバタと会社に戻って行った。
ダッシュで次のアポイントへ、、と化粧でも直そうかと表参道ヒルズの化粧室に入ろうとしたら、
d0339703_14592747.jpg


さすがに、キレイだな~としばし立ち止まって見上げてしまった。

こんなに、もうすぐクリスマスだよ~!!と主張するものが目に飛び込んでくるのに、
私の心は、ああ、今年ももうすぐ終りなのね~、くらいしか思わない。

そんな私であるけど、あの頃、バブル時代のクリスマスにかける意気込みは、普通じゃなかったと思う。
なぜ、そんなに気合を入れていたかといういと、
当時、クリスマスに過ごす相手のいない人など、日本の若い男女の人口にカウントされないんじゃないか?(笑)っていうような時代の雰囲気があったから。
今思えば、あれは、なんか変な宗教か病気?ってくらい、日本中が浮かれていて洗脳されてたように思う。
自分だけ話題に乗り遅れたくない、絶対に、クリスマスを幸せにゴージャスに過ごすんだ!という変な強迫観念を持ち、みんな、その日に向かって気合を入れていたのだった。


当時の私は、
一年の計は元旦にあり ではなく 
一年の計はクリスマス翌日にあり だった(笑)


どういうことかというと、クリスマスイブを中心に年間カレンダーができており、25日の夜が大晦日にあたり、26日が新たにクリスマスを目指して生きていく計画を立てる元旦だった。

ここで告白してしまおう、当時のおかしな行動を!

NECのOLだった頃のこと、私がいたNECホームエレクトロニクスは、一般職OLは全員制服着用だった。
なので、まず会社に行くと、ロッカールームで制服に着替えるのだ。

私は、そのロッカールームに行くと、まず着替えるより先に、あることを行っていた。

それは、クリスマスまで、あと●●日!と書かれた日めくりカレンダー(私制作)をめくること

だった。

バカでしょう??(笑)
でも、同じアラフォーの方なら、なんかわかりません?


しかも、そのカレンダーは、なんと6月からスタートしていた

わたしが、フロアのOLを代表してその日めくりをめくっていた。
そうです、雨の日も風の日も、猛暑の日も、私は、半年以上毎日めくり続けた。

クリスマスまで、あと156日! とか。

月曜の朝は、土日と月曜日の分を合わせて、3枚めくる のだった。

たまに、間違えてめくっていないか?
ちゃんと残日数合っているか?など確認を怠らず、日めくりをめくっていった。

カウントダウンに応じて、

3ヶ月前くらいになると

「ラスト3ヶ月、合コン行けば間に合うかも、クリスマス!」 とか

1ヶ月前になると
「相手を絞り込め、1ヶ月前」 とか

2週間前になると
「準備はOK?2週間前」とか
変な標語で緊張感をあおっていた。

クリスマス一ヶ月前には、異様な盛り上がり!制服のNECのロゴ刺繍の上には、ソニプラで買ったクリスマスリースのバッチを付け、コピー機の前では、ユーミンの「恋人がサンタクロース」の鼻歌。

ダメOLですいませんでした(笑)

でも、これだけ盛り上がれることって、もうなかなかないな~というのが
なんか寂しいな~と思う、今日このごろです。