カテゴリ:未分類( 4 )

一般社団法人世界フラワーライフ振興協会設立のお知らせ!

皆様、ご無沙汰しております。

昨年からですね、新規事業を2つ同時に準備しておりますが、ブログ読者及びフェイスブックでつながっているお友達の方には、1つを正式に発表させていただきます。

このたび、構想および企画立案に1年かけて準備してきました協会がやっと立ち上がりました

d0339703_14565217.jpg


一般社団法人世界フラワーライフ振興協会Rを設立し、私、平舘美木が、代表理事に就任いたしましたので、そのご案内をさせていただきます!!

この協会の認定試験「フラワーライフマイスターR」のテキスト作成にはですね、なんと、47都道府県、世界40ヶ国の大使館や政府観光局が協力してくださっています。

正直、これは、相当難しいことでした。

設立前の協会に協力を仰ぐということは。。

ですが、私と、この協会立ち上げに賛同してくれたメンバーとともに、熱く、熱く、自分たちの思いを伝え、1つ1つ掛け合い、このたび、それが叶いました。


最初は、お断りされたところもありましたが、それぞれの立場の方が、この協会の活動に賛同してくださり、あちこち掛け合ってくださった結果です。

都道府県には、いくつもの担当部署があり、まとめるのが大変だった県もあるのですが、そのとりまとめを買って出てくださった方も何人もいます。

大使館や政府観光局に至っては、何度も私たちの企画書やアンケートが海を渡ったり。いきなりその地域が天災や紛争に巻き込まれたり、そんななか、やっと40ヶ国!

みなさんがよく知っている国が多数入っていますよ。


「夢は大きく、やる前からあきらめることなんか、絶対にしないわ!」

そんな私に、ついてきてくれた協会立ち上げメンバー、そして英語が全くできない私の代わりに、翻訳しくれた方、本当に感謝しています。

日本のみならず、最初から、ワールドワイドに、世界目指しますわ!

英語は、秋から慌てて勉強しますの。。。(笑)

ロゴもかなり気に入っています。地球を花びらが囲ってるの。素敵でしょ?

スーパーデザイナーが作ってくれました。その方は、別途別の機会に紹介しますね!


サイトがまだできていないので、取り急ぎ、ブログで概要を説明させていただきますね。

サイトができたら、また正式にご案内させていただきます。



ちなみに、この協会の無料説明会を行います。取り急ぎ日程が決まっているのは、8月6日(木)の午前と午後です。

対象者は、花講師、花屋さん、だけではなく、様々な職業についている方、および、就職や転職希望者の方も含まれます。なぜ、このような方が対象なのかは、事業概要ともに、ブログ後半で説明させていただきます。



【対象職種】

花講師、花屋、花業界関係者、テーブルコーディネーター、インテリアコーディネーター、空間デザイナー、ガーデナー、料理家、シェフ、ソムリエ、カラーコーディネーター、アロマセラピスト、保育士・教師、介護士、ラッピングコーディネーター、観光や旅行に関する仕事に従事される方、秘書、コンシェルジュ、受付、語学・通訳、マナー講師、テーマパークや公園などの施設勤務、地方自治体・公務員、冠婚葬祭関連の仕事、イベント・広告関連、各種店舗経営者、および家庭で花や緑を楽しみたい人やご自身のお子さんに教育一環として教えたい人等



★ 世界フラワーライフ振興協会無料説明会

  8月6日(木)9時半~10時半(協会概要及び認定資格の説明)・10時半~11時半(当協会および弊社キラキラリーグが実施するイベント講師登録やコラボレッスン、企画立案希望者の方との相談会)

会場:東京浜松町、港商工会館 第3会議室 詳細はURLに地図があります。

参加費:無料※ただし、事前申し込みおよび、当日ご本人確認必須となります。


【午前の部】

8月6日(木) 9時~11時半 定員18名 
http://peatix.com/event/106215

【午後の部】

8月6日(木) 13時半~15時半 定員18名 
http://peatix.com/event/106231

上記以外の日程は、只今調整中です。いずれも東京開催となります。


さてさて、前置きが長くなりましたが、協会設立に至った経緯や、内容などをご案内させていただきますね。

私が現在経営しています、株式会社キラキラリーグで運営しています、フラワーリーグという花講師、花業界、一般消費者を結ぶコミュニティサイトがあるのですが、花や緑にもっと親しみましょう!といっても、なんだか距離感がないですか?

花業界には、資格認定の協会が多数あります。

しかしですね、その多くは、花講師を養成するものばかりです。

花講師の資格を取って、フラワーアレンジメントを教えましょう!お教室開業をしましょう。ってやつです。

ですが、みなさん、お花を習って講師になりたい人って、世の中にどれだけいるのだろうか?と考えるとずっと私は疑問でした。

花業界の活性化をしよう!!!って協会もありますが、そのどれもが、消費者の気持ちからなんかちょっと遠いんです。

私がずっと思っていたのは、花や緑って、もっと生活や人生に密着しているものですから、色々な角度から、楽しめる企画があったり、職業の方が集まっていてもいいのかと。


要するに、ずっと私が作りたかったのは、花業界の提供側の視点ではなく、買う側、利用する側、ここでは、花を買ったり、愛でたりする側、そして花を仕事にはしないけど、コラボレーションすることで、相乗効果を生むことができる職業はないか?と。

そこに立った視点で、どのような活動があれば、花業界側も、そして異業種側も、そして消費者側も違和感なく、ハッピーに、花と緑の啓蒙ができるのか?と。。。


そんなことを、ずっと考えて形にしてのが、この世界フラワーライフ振興協会です。

きちんと活動していくために、このたび、認定資格も作りました。

それが、フラワーライフマイスターRです。

現在、3級、2級、1級、資格認定を行う講師のインストラクターの4段階あります。

この資格は、花や緑のある生活を楽しむための提案ができるという認定資格です。

知識、技術、文化や伝統、マナーなど多岐に渡って学びます。



なので、花講師に限らず、幅広い職種の方が資格認定の対象となるのです。

さらに、当協会および弊社キラキラリーグでは、今後このフラワーライフマイスターの資格取得をしている方々と、新たな仕事を創造していきます。

弊社は、広告、マーケティングを行っている会社です。

単なる、生徒に教える以外の、仕事を作り上げて、世の中に花と緑を普及させ、多くの人の心や生活を豊かにしていくお手伝いをしていきたいと考えています。


フラワーアレンジメントを習っている人でも、花の名前をあまり知らないとか。

店頭に並んでいる花の季節や産地なんてもっと知らなない人も多いです。

また、花講師にはなるつもりはないけど、自分でブーケを作って友達にプレゼントしたり、家の庭やベランダを花や緑で素敵にデザインしたり、プロにはならないけど、ちょっとした知識できたら楽しいとか思いませんか?

また、家庭の主婦やビジネスで、花贈りのマナーを知らずに恥ずかしい思いをした人はいないでしょうか?

知っていると一生役立つのが花の知識やマナーなんです。

さらに、国内や海外にもたくさんの花を楽しめる観光スポットがあります。

知ってて行くのと、知らないでなんだかキレイね~って見るのでは、楽しさが全然違ってきます。

そう思いませんか?

世界フラワーライフ振興協会では、関連会社が広告・マーケティングを手掛けるため、他の協会にない異業種ネットワークが多数あり、様々なコラボ企画が実施可能です。


さあ、みなさん、共に、花と緑のある生活と人生を送りましょう。

それも、気軽にね!


生活に花を!人生に華を!

一般社団法人 世界フラワーライフ振興協会 代表理事 平舘美木



※サイトがオープするまでは、こちらで情報発信します、フォローお願いします!
世界フラワーライフ振興協会フェイスブック

https://www.facebook.com/wflowerlife

3タイプの人間

以前、某雑誌の連載で、社長を占うっていうのがあって、出たことがありました。

そのときに、占い師の方に、平舘さん、今までのご自分の人生を振り返られてどう思われますか?って聞かれて、こう答えました。

「なんか、実力以上の人生を歩んでいる気がします」と。

これ、本当に今でも思っていることなの。

生い立ち、ルックス、体力、頭脳、能力から、判断すると、私はね、ごく普通。

一部は、普通以下かもしれません(笑)

なのにですね、普通では体験できないようなことをさせてもらったり、普通ではなかなか出会えないようないろんな意味で素敵な人と出会ったり、まあ、普通っていう定義もあいまいだけどさ、なんか、友達に起こったことを話すとこんな反応がよく返ってきます。

「ええええええ!マジで!!!」って言われるレベルの事や、

「そのままドラマの脚本にしたほうがいいよ!(笑)」ってこと、

「信じらんない、美木にとって都合よすぎて、笑えるっ」てことや、

「すっごい、どーしてそれ可能になちゃったの?」っていうことなどを指して言っております。


でね、さっきの占いの話に戻りますが、こう言われたのです。

「確かに、平舘さんは、持っている能力や運など、ほぼ全部使いながら生きています。これだけ、すべて動員しながら人生を歩んでいる人は珍しいわ」と言われました。

じゃあさ、他の人はどうなの?って気になるよね?


そうしたらね、一般的には、自分の本来持っている星(能力や運)など、気づきもせず、知ろうともせず、一生でほんの一部しか使わないで人生を送っているんだって。


だからさ、私が、漠然と思っていた、私、なんか実力以上の人生を歩んでいるような気がする、ってあながちウソではなくて、ホントなの。

きっと、私の周りの人のほうがさ、私よりも、能力も実力もあるんだと思うの。


なんかさ、そういう星を持って生まれているのに、使わないってもったいなくない?

私なんてさ、いっぱいいいっぱい使いきって、コレだよ?(笑)


よく、美木さんみたいに生きてみたいとか、美木さんみたいに何かワクワクすることやってみたいって言ってくれる人いるけどさ、きっと、みんなもできるのよ、私みたいに、いえ、それ以上に。

で、私が、どうして、その星をフル活用できるようになったのか、考えたんだけど、人間にはさ、3タイプあると思うのです。これ、どのタイプになるかで、星の活用を最大限できるかどうかが決まってくるんじゃないかと思う。


タイプ1

公開されてる情報やルールを事前に収集して、自分のほうが小さいなと思ったり、やりたいことに対して、ルール通りに考えると、不可能だと思ったら、その場であきらめる人。

仕事でいえばさ、自分よりも圧倒的に規模の大きな会社や地位のある人へのアプローチとか、前例のないことに対して、前例がないから、無理と思ってチャレンジもしない。自分の中で消化するタイプの人。


タイプ2

なかなか叶いそうにはない、又は達成する確率は低いけど、とりあえず、問い合わせはしてみよう、ダメモトでアプローチはしてみようと行動は起こすって人。

ただね、タイプ2の人は、やってみて「難しいですね」とか、「前例がないですから」とか「弊社では難しいですね」なんて言われたら、すごすご退散します。

タイプ2がタイプ1よりも、何かいいことがあるとしたら、自分の事前情報とは違っていて、話してみたら叶ってしまったという場合です。


タイプ3

事前に情報収集をして、たぶん、どういう理由で断られるかとか、難しいかとか、よく把握している。そのわかった状況で、交渉にのぞもうとする。

タイプ2のダメモトとは大きく違い、ダメなのはわかっていて、ダメをひっくりかえそうっと♪と思っている。

そしてひっくりかえすだけの、先方に提供できるメリットや、自分の熱意とか、たっくさん、ひっさげて交渉にいく。

だからね、ダメです、って言われても、全然動じない。

「そうですよね~、知ってます♪」くらいの能天気ぶりだ(笑)

まるで、起き上がりこぶしのように、何度でも、起き上がってくる(笑)


私は、おもいっきり、タイプ3です。

「平舘さん、今回限りですよ」とか、「しょうがないな、その勢いに負けました、なんとか社内にかけあって通しましょう」とか「……。わかりました!やってみましょう!」」とか、私は過去仕事で何百回もそのセリフを聞いてきたことか!

そのうち、多くの企業に平舘担当って人が存在するようになった。ムリ目の案件をもってきて、やりたい、やりたいって、うるさいんで!(笑)

ちなみに平舘担当は、超優秀な方々。じゃなければ、そんな無謀な企画案件通せませんからね!

最近ではね、、美木さんから、お願いがあるんだけど、ってメッセージ来ると、ああ、逃げられない…(笑)て最初から腹をくくるって人もいるとのうわさですわ(笑)

最近、引きこもって事業立ち上げをしているので、静かで不気味な感じでしょうが、これから、また行くよ~、よろしくお願いしますね♪


優秀な営業マン、ヒット商品を生み出すマーケッター、ベンチャー起業家はね、みんなタイプ3!

でね、このタイプ3はですね、引き寄せの法則により、出会うんだよね。

みんなつながっていたり、仲良しだったりするの。

もう、この人たちが束になれば、最強です。

前例がないのもなんのその、そんなのこの最強チームがひとたび結束すれば、あっさりひっくり返します。

そして、あたらしい価値をどんどん世の中に生み出していきます。


そうなるとさ、運がどんどん雪だるま方式に味方する。

どんどん優秀な人や強運な人たちと出会っていくの。

人間は一人では何もできないからさ、自分の星を最大限に活用して、強運人生を送るには、そういった仲間と出会うことが大事です。


あらゆるシーンでタイプ3の人ばかりになったら、社会が大混乱になると思うけど、自分のやりたいことや、夢なんかに対しては、タイプ3の人間になってみることかも。


人生変わりますよ♪



★~★~★~★~★~★~★~★~★~★★~★~★~★~★~★~★~★~★

◆私が主宰しているフラワーリーグ(http://flowerleague.com )よりお知らせです◆

いいねをぜひ!

フラワーリーグフェイスブック https://www.facebook.com/flowerleague  

私が社長をしている株式会社キラキラリーグフェイスブック https://www.facebook.com/kirakiraleague

 ★メルマガ会員登録をすると、VIP会員の花のレッスンがお得な価格で受けられる夏のお得レッスンを開始しました!
詳細は、こちら!http://flowerleague.com/2286

花好きの方におススメのフラワーリーグプレゼントページはこちら!
http://flowerleague.com/2298

フラワーリーグでは、様々な人脈・ネットワークを駆使して、花のプロとして活躍していきたいあなたを素敵にプロデュースしていきます!

★フラワーリーグの全体的な活動を知りたい方は、以下のリンクをご覧ください!
http://flowerleague.com/about

フラワーリーグ全国制覇への道

以下の道府県は、まだフラワーリーグVIP会員がいらっしゃいません。

VIP会員とは?http://flowerleague.com/vip

お花の講師として、キラキラすることを第一号で始めてみませんか?

エリア第1号VIP会員大募集中!

 北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・

 栃木県・山梨県・静岡県・長野県・新潟県・

 富山県・石川県・福井県・岐阜県・三重県・和歌山県・大阪府・

 滋賀県・奈良県・京都府・兵庫県・鳥取県・島根県・

 山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・

 長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

d0339703_14565032.jpg






 

赤坂のイタリアンで、久々に再会ランチ♪

d0339703_14584859.jpg

赤坂Bizタワーの2Fにあるイタリアン「LA GRANATA」である人と久々に再会ランチ♪

d0339703_14584887.jpg

それは、好美さん!
7年ぶりくらいかも~。
今はテレビ局にお勤めだそう。

相変わらず、華やかな感じで、話すとおっとりしてて、癒し系。

私たちは、Facebookでつながった!
Facebookは、始めたばかりだけど、懐かしい人と再会できて楽しいね。
いっぱいお友達申請いただいていますが、申請は、今のところ会ったことある人で現在も交流のある人だけにしています。
普段使いにしたいので、まずは、どこかで出会ってください(笑)

Twitterは、知らない人もつながりますが、あんまりつぶやいてないかも。
つぶやくほうが、ブログより難しい。

d0339703_14584890.jpg

ランチのサラダは大盛りだった。

d0339703_14584814.jpg

リゾットとパスタが半分ずつ。
カレー風味のパスタが絶品でしたよ!

人気みたいで、席はあっという間に埋まってました。
予約したほうがいいかも。

Miki Hiradate's History


■平舘美木(ひらだて みき)


短大を卒業後、NEC関連会社に一般職として入社。その後、雑誌編集者に。情報誌の編集を経て、ストリートファッション誌、コギャル雑誌などを手がける。その後、美容雑誌「bea’s UP」の創刊メンバーとなり、美容雑誌編集者としてのキャリアを重ねる。30代目前にして突然テレビドラマの脚本家を目指したくなり、脚本学校に通うため深夜残業の多い編集者を辞める。そのタイミングで、ある企業から学校に通いながらでいいので、F1層(20~34歳女性)向けのマーケティングを手伝ってほしいと声がかかる。トレンド分析レポート執筆や、コスメ雑貨や女性向けの自動車のマーケティングなどに関わるなか、リサーチを依頼しようと思いマーケティング会社を調べると、アンケートの謝礼目当てに集まったトレンドや購買層とは程遠い、顔の見えないリサーチ母体ばかりなことに気づく。当時、マーケティングプランナーとして求めていたのは、雑誌編集者時代に関わってきた、読者モデルのような流行感度が高く、情報発信力の高いトレンドセッターの女性たちだった。
そこで、「OL時代に何か面白いことはないかと日々探していた経験」、「雑誌編集者として読者に受ける企画をつくっていたクリエイティブ経験」、そして「商品をヒットさせたいというマーケティングプランナーの経験」を活かし、マーケティングに参加する人も、トレンドを仕掛けたい人も、商品開発やクチコミプロモーションをしたい企業にとっても、メリットのあるマーケティング組織を作ろうと決意する。
それを機に、2002年、F1層のトレンドセッターをターゲットとする女性サイト「ヒメクラブ」をオープンし、マーケティング会社を起業する。その後、広告などは一切せず、クチコミだけで会員組織を拡大。約5000名の顔の見えるトレンドセッターの集団を作りあげ、F1層をターゲットとする商品やサービスを手がける企業のマーケティング、広告に携わった。その数は、美容、食品、飲料、アパレル、サービス、ほか、約150社にのぼる。また、常に面白いネーミングや企画を発表し、メディア露出は、3年間で約150回以上。ロイター、時事通信が配信した面白福利厚生「失恋休暇」などで話題となった。
しかし、過労とストレスの蓄積から2009年秋より、体調を崩し、2010年春にやむをえず代表取締役を辞任し、ヒメクラブは解散した。その後、自宅で静養するなか、出会ったバラの素晴らしさに惹かれ、花業界を調べるうちに、縁あって、バラ販売会社の経営に携わることに。現在、ブームプロデューサーとして、関心のある花業界に新風を巻き起こしたいと奮闘している。

著書 
姫様商売(日本経済新聞社刊)
プリンセスマーケティング(「姫様商売」の韓国での翻訳本)


連載実績 
日経プラスワン 2006年6月~7月(全5回)


講演実績 
財団法人女性労働協会 女性と仕事の未来館「いろいろな起業スタイル」
日本商工会議所 女性起業向け!創業塾『創業者の心構え』
愛知産業大学主催日本経済新聞社後援『質の高いマーケティングがトレンドを動かす』
芙蓉グループマーケティング研究会『散(ばら)け消費マーケティング』
経済界倶楽部『女性の心をつかむクチコミマーケティング』
販売実務協会 商品開発の会『女性トレンドの法則と「ヒメ」マーケット』
日経BP社『究極のクチコミマーケティング論』
全国経営者セミナー『あなたの隣にいる「ヒメ」が女性消費を動かす!』
商品開発の会『真のマーケティングとは?』
 他


大学講義実績 
跡見学園女子大学マネジメント学部『キャリアプランの描き方』
早稲田大学経営学部『あなたの天職の見つけ方』