アラフォーからの友達

表参道で、女社長二人と合流。
d0339703_14592885.jpg


一人は、探偵会社アルセーヌジャパンの社長直美ちゃん、彼女は、あの超有名探偵会社のガルエージェンシー元社長で、最近また新しい会社を起業した。
テレビでよく彼女を見かけていたけど、ある飲み会で紹介され、すっかり意気投合し、仲良しに。
探偵なんて、ドラマでしか見たことがなかった私は、どんな人なのだろう?と興味津々。
けど、いい意味で普通。
経営の話もでき、美容の話やファッションの話の普通のガールズトークでも盛り上がる。
実は、会ったのはまだ3回目なのに、なぜか学生時代から友達だったんじゃないか?というくらい、違和感がない。

この日は、彼女のお友達の黒田美耶子ちゃんを紹介された。彼女はモデルエージェントのシャノワールの社長だ。
こう見えて、3児の母。
見えない~

3人とも、アラフォーですが、気があった。

20代では、すぐに友達とかできたけど、30代になってから、知人は増えても友達はなかなかできないなあと思っていた。

20代は、恋やファッションやグルメや美容など、いくらでも盛り上がれる共通の関心事や話題があり、あっと言う間に友達なったけど、30代は、結婚や出産、仕事などで自分以外のことで責任を背負うようになっていった。
今の時代、女の人生に沢山の選択肢があるから、同年代だからと言って、みんな同じことに悩んでいるわけでも、関心があるわけでもない。
だから、同年代だからって、すぐに意気投合するわけでもなく、なかなか新しい友達が出来にくくなっているのかも。

最近40代になって、20代とは別の意味で、また友達が増えていくようになった。
それは、女の人生を一波超えたところで、みんな人生が確立してきて、本質的な部分で合うか合わないか分かるようになったからなのかも。

結婚しているかしてないか、子供を産んでいるか、産んでいないか、どんな仕事をしているか、ということって、実はあんまり関係ない。
何か、人間の本質的な部分で、合うか、合わないかを感じれるようになったと思う。

少し話をしてみると、直感が働いて、すぐに仲良くなれるか、単なる知人で終わるのかわかる。

私は、やっぱり、どんなカテゴリーで生きていようとも、一生懸命自分の人生に向き合っている人が好き。

直美ちゃんは、久しぶりに私が、ピンときた女(笑)
美耶子ちゃんも、そんなオーラが出ていました。

お茶をしていたら、美耶子ちゃんが
「あっ、そろそろ、お迎えだわ~」と言った。
私は、「えー、いいなー彼が来てくれるの?」ときいたら、
「何言ってるのよ、子供を迎え行くのよ」と言っていた。

ガールズトークで盛り上がったから、すっかり自分たちの年を忘れてた。
私ち、アラフォーだったのね~、と気付いた瞬間でした。。
<< ギリシャ発ナチュラルコスメ「ア... なつかしのNEC! >>