新品種が生まれる「枝変わり」って!?

皆様、今日は久しぶりに大田市場「バラ通信」をお届けします
今日は、ちょっと興味深いお話をお伝えしたいと思います。

植物は突然変異によって、花の色や咲き方など異なったものが姿を現わすことがあります。
これを「枝変わり」といいます。

園芸植物に出る場合は、多くの場合、班入り葉が無地になったり、八重咲きの花が一重になるなど、 親より劣ったものになることが多いのですが、まれに親より優れたものや、新品種として残しておく価値のあるものが出現することがあります。

今回は、以前ご紹介したメイド・イン・ジャパンの「J-Rose」シリーズの中から、 この現象によって新品種として認定されたバラたちをご紹介したいと思います。

まずは、基本となるバラから。
d0339703_14591105.jpg
このフューシャピンクのあでやかなバラは「J?ウィンク」といいます。


このJ?ウィンクが“枝変わり”の現象を起こして登場したバラを2つ御紹介したいと思います。

d0339703_14591141.jpg
まずひとつめは、 「J?ピュアウィンク」 。淡いピンク色と丸い花弁がピュアな印象です。


d0339703_14591155.jpg
ふたつ目のバラは、なんとまだ新しくて名称が決まっていません速報です。花弁の縁に色を塗って滲ませたようですね。


1つのバラから2種類の新品種のバラが生まれる、、、意図して新種改良をしたわけではなく、偶然なのでとても面白いですよね。

もうひとつ、枝変わりの現象が起こったバラを御紹介したいと思います。
d0339703_14591142.jpg
花弁が波打った咲き方が特徴の「J?パヴェ」です。

このバラから枝変わりをしたバラがコレです!

d0339703_14591189.jpg
淡いピンクで柔らかな印象の「J?ピンクマシュマロ」です。
名前もなんかかわいいですよね。

人間でも同じ親から生まれても、兄弟で性格や容姿に個性があるように、枝変わりで生まれた花も、 それぞれに魅力があります。
人工交配によって生み出されても、選抜によって商品化される品種はごくわずかだとか。

そんな中で、偶然の産物によって この世に誕生した枝変わりで商品性のあるのは稀なことなのだそうです。
なるほど~と関心してしまいました。

私たちが知らないことっていっぱいありますね。
次回はどんなバラをご紹介いただけるのか楽しみです
<< 今日はバレンタインですね~! お茶だけのつもりが。。。 >>