なんだか、すごいことになりそう。

フラワーリーグのサイト構築も、大詰め、あと入稿も少しで完了。

今は、出来上がってきたサイトデザインの細かいチェック作業をしている。

さっき、フラワーリーグの今度のオープン時から、活動するVIP会員7名のプロフィールページの最終チェックを行っていた。

この原稿ページを作るに当たり、私は、いかに彼女たちの”いい部分の個性”を引きだすかということをやってきた。

正直、みんなアーティストではないし、お花の先生としては、今まで特に目立つ活動をしてきたわけではない。

だけど、彼女たちは、そのままではいたくない、自分を変えたい、世界を変えたいという気落ちを持っていたのだと思う。

さらに、変えるチャンスがやってきたとき、それと引き換えの努力も惜しまず私のもとに飛び込んできた。

昨年から、私の主宰する「フラワー起業塾」に参加したり、交流会に参加したり、VIP会員に入会申込をしたあとからは、フェイスブックのグループに、毎日のように私がアドバイスを投げかけ、考えてもらい、それぞれの回答をだし、それに対して指導をしてきた。

そして、フラワーリーグのサイトを構築してきた。

サイトオープン前にも関わらず、花育イベントもGWに経験した。

初めてのこと、うまくいかないこともたくさんあった。

だけど、そのたび、考え、協力し、ともに成長できたと思う。

私と出会う前までの彼女たちは、普通の主婦やお母さん、OLさんといった感じだったけど、最近、激変。

それは、私が思うだけではなく、彼女たちが周りからも言われているらしいから本物だと思う。

だって変わったもん、みんな。

何が変わったかというと、私が企画するプランの話や、ブランディングの話などにみんなついてこれるようになった。

最初はちんぷんかんぷんだったはずなのに、意見を言えるまでになっている。

何より、文章力がアップし、写真の撮り方も見違えるようになった。

そして、個性というものが、出てきた。

感慨深い、すごく。

こういう仕事ができるって、本当に私は幸せ!

人は、どんなポジションに今いようとも変われるのだ。


何よりも、そんな成長意欲の高いチームを率いていけることに私は、ワクワクしている。


いいチームワーク、そして、ポジティブなパワー。

この波動って、きっといい出会いや、いいことをたくさん引き寄せるのだと思う。

これがコミュニティが成功できるかどうかの重要ポイントなのだ。


この重要性はかなり高い。

どんなにビジネスモデルが素晴らしくても、優秀な人が集まっていても、コミュミニティってものは、少しでも斜に構えた冷めた人間や、後ろ向きな人などのネガティブ要因があると、その小さなほころびから、大きなな打撃が生まれ崩壊していくものだ。


過去に私は、そんな小さなほころびに気づき、バッサリ辞めた企画もある。

すでに企画も進行していたし、企画自体は面白いし需要もあった、一瞬どうしようか迷ったこともあったけど、今思えば、やらなくて正解。

心の声は正しかったと思っている。

ビジネスをやっていると、どうしても、そういう岐路で迷うことも出てくる。

でも、私は、心の声に従うことにしている、今までも、これからも。


今私の周りには、いい仲間がたくさん集まっている。

いやだな~とか合わないな~って人が一人もいない。

これって、すごく幸せだし、追い風になると思う。

このポジティブパワーを追い風にし、きっと、フラワーリーグは、かなりのスピードで拡大し、最強のコミュニティになっていくと思う。

過去に5000人の女性コミュニティを率いていた私は、肌感覚で、うまくいくかどうかがわかる。

楽しくて、仕方がない、毎日考えるだけでワクワクする。

フラワーリーグ、これ、絶対うまくいきます(笑)


そんなこと言っちゃって、本当に素敵なコミュニティなの?って思っているお花の先生、あなたもぜひ、勇気を出して、一度来てみてください!

ブランディングについて、など、みなさんと共に学びましょう!


今週末の6月15日(土)交流会、まだ参加枠あります。締め切りは6月12日(水)12時まで!


【フラワーリーグ交流会参加申込】~★☆~★☆~★☆~★☆~★☆~★☆

6月15日(土) 13時半~16時半(途中参加・退場可)締切6月12日(水)12時まで

http://kokucheese.com/event/index/90869/


7月20日(土) 13時半~16時半(途中参加・退場可)

http://kokucheese.com/event/index/90897/


8月20日(火) 13時半~16時半(途中参加・退場可)

http://kokucheese.com/event/index/91434/

<< 会員番号1番は、ワタシで! 嫌いだけど好きになる瞬間 >>