哺乳類、ヒト科、働くメスは生きづらい

久しぶりに、たわごとブログに書きます。

★★(ご案内)★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~
◆秋開講!2か月でブランディングの基礎を学ぶ

キラキラリーグブランディング塾(金曜コース9月5日、土曜コース9月6日開講!)のご案内

初級コース「愛されサロン塾」第1期生募集 
詳細・申込http://flowerleague.com/2052

中級コース「パワーアップブランディング塾」第1期生募集
詳細・申込http://flowerleague.com/2060
★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~★★~~


先日、編集部時代の女友達と会って色々話したときに、出た話なんですが。。。

彼女と私は、20代半ばくらいからの友達なんですが、もともと私たちは、編集部でも一番下っ端で、若かったのでキャピキャピしていました。

その編集部は、女は私たちだけで、あとは周りは男の人ばかりという環境。

わかんなーい、っていえば、周囲が教えてくれて、助けてくれる状況でした。

自分よりできそうで、色々なことを知っていて、そして大人に見えた周囲の男性たち。

実際私たちが子供だったので、そうだったんだと思います。

それから、月日がたち、ワタシたちは、お仕事も好きだったし、自分にめぐってきた仕事は一生懸命やるたちでしたので、気づいたら、フリーで仕事をするようになり、その何年後かには、お互い起業して社長になっておりました。


当時の出版社にいた男性たちも、お仕事好き、そして仕事ができる人も多かったのでしょう。

のち、社長になる人も多数で、編集プロダクションや制作会社として成功する人もたくさん。


その中の男性社長が言っていたとのこと。

「お前たち(私とその友人)、実はかなりのダークホースだったな。。。」

まさか、お前たちが社長になって、メキメキ仕事で力を発揮していくとは思いもしなかった、ということのようです。


その言葉、そっくりお返ししたいと思います。

私たちも、まさか、こんなに頑張ることになるとは思わなかったんです(笑)

もともと、仕事でのぼりつめたいとか、成功したいとか、社長になりたいとかいう感情皆無だったし。

よく女性起業家の人が、私は学生時代から起業を志していましたとか、会社に入ったら営業成績で1番を目指しました!とか言っていますが、私たちは、真逆の人間。

ぜーんぜんそんなこと思っていなくて、気づいたら、なんかそんなカテゴリーの女のゾーンに入れられていたんです。

好きな仕事をどんどんやっていくうちに、法人化したほうがいいよね~、人に雇われるのはなんか自由にできないし、、、っていうことから、社長になってしまった感じです。

しかしですね、最近気づきましたが(遅すぎますけど。。。)社長をやっているとですね、ああ、世の中、とくに日本の社会は、本当に男性社会なんだなと思うこともたくさんなんです。

ビジネスシーンでは、女だということが、かなり足枷になる。

頑張れば頑張るほど、結果がついてくるのは、男性で、女性の場合、結果とともに、足枷もついてくる。

要するに、「女のくせに生意気だ!」とか、「女のくせに可愛げがない」とか、これ、陰口ならまだしも、面と向かって言われることもあるんですよ。

しかも仕事がうまくいくと、生意気、可愛げがないと言われ、うまく結果を出せないようなことがあれば、やっぱり女じゃ無理だよな、と言われる。

っていうかさ、どんな結果でも、なんか手放しで喜べる状況にはならないってことじゃないのか??

やだーーーーーー、女って損じゃない???

いやいや、普段レディースプランとか、得することも多いから、いいのか?いや、それとこれとは、話が違うか(笑)


たぶん、多くの働く女性は、こういう状況を経験していることだと思います。


女性の社会進出だとか、女性の管理職を増やそうなんて、日本の政府は言っていますが、現状、思ったよりも増えていないじゃないですか?

それはね、表向き、そうは言っても、実は、男社会の「そうはさせないぜ!!」っていう力が働いているのが現実なんだと思うのです。


悲しいかな、本当にそうなんです。

それでも、負けないと女が頑張ろうとすると、さらに、男たちから、男のほうが優秀なんだからな、思い知れ!!!って、やっつけてやろうという力が加わる。

男性社会では、男性を立て媚びることが上手にできる女性、絶対に男の人を超えることをしない(っていうか、そういう気概のない)女性のほうが、実はビジネス界でのしていけるし、そういうレールに乗れる。

そんなことはない、って、力で突破を試みても、「女には負けない」って力が働くことも事実なんです。

しかも男が束になって、そうすることもある。。。。

よく女性に聴きます、この手の話。。。


被害妄想みたいでしょ?

でもこれはね、正直な男性たちに、かなり本音で聞いてみたら、やはりそうらしいんです。

みんな、そうだよ、その通りと。。。。


人間を動物として考えるとさ、通常はさ、オスは狩りに行き、食べ物をとって帰り、メスはオスがとってきた食べものを食べ、子供を産み育て、家庭を守る。

これってさ、やはり本能なんでしょうか?

好奇心で狩りに出てみたら、たまたま獲物が捕獲できた。

私にもできるかも!?

ならば、待っているだけじゃなくて、食べたい食べ物を食べたいときに自分で捕ってみよーっと、と狩りに出ていたら、ばったり、同じ獲物を狙ったオスに出会う。

そこで、「ねえ、私の分も獲ってくれる?ねえ??」って媚びて言えればいい。

でもですね、社長になると、そうはいかないんですよ。

だって、お腹を空かして待っている人がいればですね、その獲物は私が獲るわ!って言わざるをえない。


そこで、ハッと気づくのだ。

あれ??私、いつからオスになっちゃったの??って(笑)


狩りに出る女はね、意識的にそうなった人と、気づいたらそうなった人がいると思う。

私はね、気づいたら、そうなってた。


ガビーーーーンと、今衝撃を受けております。。。。(笑)

先日、男友達に、きいてみた。

「ねえ、男はピッチャー、女はキャッチャーみたいなもんじゃない?女はさ、サインを出して、うまく男性が投げられるようにするんだと思うんだけどさ、私、待ってられないしさ、自分で投げてみたくてさ、気づけばピッチャーになってたの。でね、男の子がさ、俺、投げるのうまいよ~とかいうじゃない、その横でさ、私も上手に投げられるよ~ってさ、投げた球がさ、その男子より剛速球だった、、、、って、なんかさ、最悪じゃない?(笑)」

そんなたとえ話をしたら、その男友達は大笑いしながら、こういった。

「美木ちゃん、ピッチャーでもキャッチャーでも、どっちもやればいいじゃん。やりたいことをやればいいよ。そんな決めなくても」

と言ってくれた。

心広いな、コイツ、さすが私の男友達だわ~と関心。。。


働くメスは生きにくいのだ。

働く女友達と私の結論は。私たちも動物なんだからさ、本能にあまり逆らいすぎるととストレスたまるから、動物視点て、色々状況理解するしかないねと。


男って、そういう生き物なんだよね。

仕方ないね~、仕方ない!という結論に(笑)

っていいながら、仕事はやはり頑張っております。

狩りで出くわすことがあっても、あまりいじめないでくださいね(笑)


★~★~★~★~★~★~★~★~★~★★~★~★~★~★~★~★~★~★

◆私が主宰しているフラワーリーグ(http://flowerleague.com )よりお知らせです◆


◆私が指導するキラキラリーグブランディング塾(金曜コース9月5日、土曜コース9月6日開講!)

初級コース「愛されサロン塾」第1期生募集 
詳細・申込http://flowerleague.com/2052


中級コース「パワーアップブランディング塾」第1期生募集
詳細・申込http://flowerleague.com/2060



 ★メルマガ会員登録をすると、VIP会員の花のレッスンがお得な価格で受けられる夏のお得レッスンを開始しました!
詳細は、こちら!https://flowerleague.com/1998

フラワーリーグでは、様々な人脈・ネットワークを駆使して、花のプロとして活躍していきたいあなたを素敵にプロデュースしていきます!

★フラワーリーグの全体的な活動を知りたい方は、以下のリンクをご覧ください!
http://flowerleague.com/about

フラワーリーグ全国制覇への道

以下の道府県は、まだフラワーリーグVIP会員がいらっしゃいません。

VIP会員とは?http://flowerleague.com/vip

お花の講師として、キラキラすることを第一号で始めてみませんか?

エリア第1号VIP会員大募集中!

 北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・

 栃木県・群馬県・山梨県・静岡県・長野県・新潟県・

 富山県・石川県・福井県・岐阜県・三重県・和歌山県・大阪府・

 滋賀県・奈良県・京都府・兵庫県・鳥取県・島根県・

 山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・

 長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

d0339703_14565032.jpg






 
<< 運気UPは、いらない縁を切ることから 夏のイベントレッスンレポ♪ >>